研究者総覧

平澤 孝枝 (ヒラサワ タカエ)

  • バイオサイエンス学科 准教授
Last Updated :2023/01/18

研究者情報

所属

  • バイオサイエンス学科 准教授

学位

  • 博士(学術)(1999年09月 日本女子大学大学院)

URL

科研費研究者番号

  • 10402083

J-Global ID

研究キーワード

  • シナプス形成   胎児期・生後ストレス   ミクログリア   

研究分野

  • ライフサイエンス / 神経科学一般
  • ライフサイエンス / 神経科学一般

研究活動情報

論文

講演・口頭発表等

  • ニホンウナギ(Anguilla japonica)の温度に依存した性分化のメカニズム
    平澤孝枝; 滝沢零士; 吉田 宰; 原秀磨; 夘月祥太
    第44回日本分子生物学会 2021年12月 ポスター発表
  • 平澤孝枝
    第36 回日本ストレス学会学術総会 2020年10月 口頭発表(招待・特別)
  • 平澤 孝枝
    Conbio 2017 第40回 日本分子生物学会 2017年12月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • 1. クリーフストラ症候群で見られる脳機能不全の後天的改善に向けて
    山田亜夕美; 西村佳也子; 平澤孝枝; 眞貝洋一
    第11回エピジェネティクス研究会年会 2017年05月 口頭発表(一般)
  • H3K9メチル化酵素EHMT1の神経機能調節に伴うミクログリアの活性化
    平澤孝枝; 山田亜夕美; 加藤まどか; 西村佳世子; 眞貝洋一; 久保田健夫
    第11回エピジェネティクス研究会年会 2017年05月 ポスター発表
  • 小脳プルキンエ細胞特異的に発現するプロテアソーム活性化因子PA28γは、ヒストンH2Aのユビキチン化を介して神経機能を調節する
    平澤 孝枝
    第40回日本神経科学学会 2017年 ポスター発表
  • 胎児期ストレスとエピジェネティクス変化
    平澤孝枝
    第2回日本DOHaD研究会 2014年 口頭発表(招待・特別)

MISC

共同研究・競争的資金等の研究課題

担当経験のある科目

  • 行動神経学
  • 発生生物
  • 神経科学基礎


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.