研究者総覧

中倉 敬 (ナカクラ タカシ)

  • 基礎医学 講師
  • 解剖学講座 講師
Last Updated :2023/01/18

研究者情報

所属

  • 基礎医学 講師
  • 解剖学講座 講師

学位

  • 博士 (理学)(2009年03月 静岡大学)

URL

J-Global ID

研究キーワード

  • 下垂体門脈系   アセチル化修飾   微小管   チューブリン   運動線毛   毛細血管   VEGF   GPCR   血管形成   一次線毛   pH   糖代謝   インスリン   プロトン受容体   下垂体   

研究分野

  • ライフサイエンス / 解剖学
  • ライフサイエンス / 形態、構造
  • ライフサイエンス / 代謝、内分泌学

経歴

  • 2020年04月 - 現在  東京福祉大学教育学部 教育学科非常勤講師
  • 2019年04月 - 現在  帝京大学 医学部 解剖学講座講師
  • 2013年04月 - 現在  帝京高等看護学院非常勤講師
  • 2012年04月 - 2019年03月  帝京大学 医学部 解剖学講座助教
  • 2011年04月 - 2012年03月  群馬大学 生体調節研究所研究員
  • 2009年04月 - 2011年03月  群馬大学 生体調節研究所グローバルCOE研究員
  • 2007年04月 - 2009年03月  日本学術振興会特別研究員(DC2)

学歴

  • 2006年04月 - 2009年03月   静岡大学   創造科学技術大学院   バイオサイエンス専攻 (博士後期課程)
  • 2004年04月 - 2006年03月   静岡大学   理工学研究科   生物地球環境科学科 (博士前期課程)
  • 2000年04月 - 2004年03月   静岡大学   理学部   生物地球環境科学科

所属学協会

  • 日本神経内分泌学会   日本内分泌学会   日本解剖学会   日本生化学会   日本下垂体研究会   日本比較内分泌学会   

研究活動情報

論文

書籍

  • 公益社団法人日本動物学会 (担当:分担執筆範囲:第8章 動物の内分泌 プロセッシングと生合成)丸善出版 2018年09月 ISBN: 4621303090 800

講演・口頭発表等

  • 下垂体門脈系の構築を調節する分子機序
    日本動物学会第93回早稲田大会 第6回ペプチド・ホルモン研究会シンポジウム 内分泌研究の新たな挑戦—ペプチドシグナルから探る生き物の不思議— 2022年09月 シンポジウム・ワークショップパネル(公募)
  • 下垂体有窓型内皮細胞におけるフィブロネクチン‐インテグリン系の役割
    中倉敬; 田中秀幸; 鈴木健史; 萩原治夫
    第47回日本神経内分泌学会学術集会 2021年10月 口頭発表(一般)
  • 下垂体の毛細血管に必須な「孔」の構築機序
    中倉敬
    第94回日本内分泌学会学術集会 シンポジウム8「神経内分泌研究のアップデート」(Web開催) 2021年04月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • 下垂体前葉の機能を調節する血管系の構築機序
    中倉敬
    第126回日本解剖学会総会・全国学術集会/第98回日本生理学会大会合同大会 本部企画シンポジウム「視床下部・下垂体系の器官形成研究の最前線」(Web開催) 2021年03月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • ラット下垂体に存在する運動線毛保有細胞の分子形態学的性質
    中倉敬; 鈴木健史; 堀口幸太郎; 藤原研; 塚田岳大; 萩原治夫
    第93回 日本内分泌学会学術集会(Web開催) 2020年07月 口頭発表(一般)
  • ラット下垂体前葉を対象にした有窓型内皮細胞の単離法の確立と培養条件の検討
    中倉敬、鈴木健史、萩原治夫
    第125回日本解剖学会総会・全国学術集会(誌上開催) 2020年03月 ポスター発表
  • ラット下垂体前葉に分布する有窓型内皮細胞の単離と培養系の確立
    中倉敬; 鈴木健史; 萩原治夫
    第44回日本比較内分泌学会およびシンポジウム 埼玉大会 2019年11月 ポスター発表
  • ラット下垂体前葉からの有窓型内皮細胞の単離と培養条件の検討
    中倉敬; 鈴木健史; 萩原治夫
    第46回日本神経内分泌学会学術集会 2019年10月 口頭発表(一般)
  • The endocrinal signal transduction systems in the mouse corticotroph cell line AtT20 cells are finely tuned by the α-tubulin acetylation of microtubules.
    Nakakura T; Suzuki T; Hagiwara H
    The 19th Congress of the International Federation of Associations of Anatomists (IFAA 2019) 2019年08月 ポスター発表
  • 下垂体ACTH産生細胞におけるαチューブリンアセチル化修飾の機能解析
    中倉敬; 鈴木健史; 萩原治夫
    第124回日本解剖学会総会・全国学術集会 2019年03月 口頭発表(一般)
  • ラット下垂体S100β陽性線毛細胞の分子形態学的特徴
    中倉敬; 鈴木健史; 堀口幸太郎; 藤原研; 塚田岳大; 萩原治夫
    第43回日本比較内分泌学会およびシンポジウム 2018年11月 ポスター発表
  • ラット下垂体線毛細胞の分子形態学的特徴
    中倉敬; 鈴木健史; 堀口幸太郎; 藤原研; 塚田岳大; 萩原治夫
    第33回 日本下垂体研究会学術集会 2018年08月 口頭発表(一般)
  • ACTH細胞のGR核移行におけるαチューブリンアセチル化修飾の機能
    中倉敬; 鈴木健史; 萩原治夫
    第42回日本比較内分泌学会大会 2017年11月 ポスター発表
  • 下垂体門脈系の形成に関わる細胞群とその機序
    中倉敬
    第44回日本神経内分泌学会学術集会 シンポジウム「下垂体の発生」 2017年10月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • 下垂体ACTH細胞株AtT20を用いたαチューブリンアセチル化修飾の機能解析
    中倉敬; 鈴木健史; 萩原治夫
    第44回日本神経内分泌学会学術集会 2017年10月 口頭発表(一般)
  • 下垂体ACTH細胞におけるαチューブリンアセチル化修飾の役割
    中倉敬; 鈴木健史; 萩原治夫
    第32回日本下垂体研究会学術集会 2017年08月 口頭発表(一般)
  • 下垂体ACTH細胞の機能調節におけるチューブリンアセチル化修飾の役割
    中倉敬; 鈴木健史; 萩原治夫
    第90回日本内分泌学会学術総会 2017年04月 ポスター発表
  • ラット下垂体S100β陽性線毛細胞におけるFOXJ1の発現解析
    中倉敬; 鈴木健史; 浅野安信; 田中秀幸; 有澤謙二郎; 西島良美; 猫沖陽子; 木内克子; 萩原治夫
    第122回日本解剖学会総会・全国学術集会 2017年03月 ポスター発表
  • ACTH細胞の機能調節に対するチューブリンアセチル化の役割
    中倉敬; 鈴木健史; 萩原治夫
    第41回日本比較内分泌学会大会 2016年12月 ポスター発表
  • ラット線毛保有細胞におけるチューブリンアセチル化酵素ATAT1の局在
    中倉敬; 鈴木健史; 根本崇宏; 田中秀幸; 浅野安信; 有沢謙二郎; 西島良美; 木内克子; 萩原治夫
    第121回日本解剖学会総会・全国学術集会 2016年03月 ポスター発表
  • The function of acetylation of α-tubulin in corticotrophs of pituitary.
    中倉敬; 鈴木健史; 萩原治夫
    第40回日本比較内分泌学会・第37回日本比較生理生化学会合同大会 2015年12月 ポスター発表
  • 下垂体ACTH細胞における微小管構成タンパク質αチューブリンアセチル化修飾の役割
    中倉敬; 萩原治夫
    第30回日本下垂体研究会学術集会 2015年08月 口頭発表(一般)
  • 塩化リチウムによる一次線毛の伸長促進とα-チューブリンアセチル化の関与‐ヒト繊維芽細胞を用いた解析‐
    中倉敬; 浅野-星野安信; 鈴木健史; 有澤謙二郎; 田中秀幸; 萩原治夫
    第120回日本解剖学会総会・全国学術集会 2015年03月 ポスター発表
  • Angiogenesis in the pars intermedia of the pituitary alters its structure and function.
    中倉敬; 海野恵介; 岡田令子; 鈴木雅一; Jansen EJ; Martens GJ; 菊山榮; 田中滋康
    8th International Symposium on Amphibian and Reptilian Endocrinology and Neurobiology (ISAREN 2014) 2014年11月 ポスター発表
  • 下垂体血管系の形成メカニズム とその役割
    中倉敬
    第16回 下垂体形態学ミーティング 2014年03月 口頭発表(招待・特別)
  • インスリン分泌調節における細胞外pH受容体GPR4とTDAG8の役割
    中倉敬; 茂木千尋; 戸村秀明; 岡島史和
    第38回 日本比較内分泌学会大会 2013年10月 ポスター発表
  • 下垂体中葉特異的VEGF-A過剰発現ツメガエルのMSH細胞機能の解析
    中倉敬; 海野恵介; 岡田令子; 鈴木雅一; 田中滋康; 菊山榮
    第28回 日本下垂体研究会学術集会 2013年08月 口頭発表(一般)
  • 下垂体中葉特異的VEGF-A発現ツメガエルにおけるα-MSH細胞機能の解析
    中倉敬
    明治大学 第1回細胞情報制御学セミナー 2013年03月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • プロトン感知性OGR1によるインスリン分泌調節メカニズムの解明
    中倉敬
    第二回 群馬大学生体調節研究所内分泌・代謝学共同研究拠点シンポジウム 2013年01月 口頭発表(招待・特別)
  • 膵β細胞におけるプロトン感知性OGR1を介したインスリン分泌シグナルの解析
    中倉敬; 茂木千尋; 戸村秀明; 岡島史和
    第85回日本生化学会 2012年12月 口頭発表(一般)
  • プロトン感知性OGR1によるインスリン分泌調節シグナルの解析
    中倉敬; 茂木千尋; 田中滋康; 戸村秀明; 岡島史和
    第37回日本比較内分泌学会大会 2012年11月 ポスター発表
  • インスリン分泌調節に対する細胞外pHとプロトン感知性OGR1の関与
    中倉敬; 茂木千尋; 田中滋康; 戸村秀明; 岡島史和
    第38回日本神経内分泌学会学術集会 2011年11月 口頭発表(一般)
  • プロトン感知性OGR1を介したインスリン分泌調節機構の解析
    中倉敬; 茂木千尋; 田中滋康; 戸村秀明; 岡島史和
    第36回日本比較内分泌学会大会 2011年11月 ポスター発表
  • プロトン感知性OGR1を介したインスリン分泌調節メカニズム
    中倉敬; 茂木千尋; 戸村秀明; 岡島史和
    第84回日本生化学会 2011年09月 口頭発表(一般)
  • プロトン感知性OGR1を介したインスリン分泌調節メカニズム
    中倉敬; 茂木千尋; 戸村秀明; 岡島史和
    群馬大学・秋田大学連携グローバルCOEプログラム「生体調節シグナルの統合的研究」第5回グローバルCOE若手研究者シンポジウム 2011年08月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • インスリン分泌における細胞外pHの影響とOGR1の役割
    中倉敬; 茂木千尋; 戸村秀明; 岡島史和
    第83回日本生化学会 2010年12月 口頭発表(一般)
  • インスリン分泌調節における細胞外pHの影響とpH感知性GPCRの関与
    中倉敬; 茂木千尋; 戸村秀明; 岡島史和
    第35回日本比較内分泌学会 2010年11月 ポスター発表
  • 下垂体中葉へ血管系形成を誘導したツメガエルにおけるMSH細胞機能の解析.
    中倉敬; 鈴木雅一; 田中滋康
    日本動物学会 第80回大会シンポジウム 2009年09月 シンポジウム・ワークショップパネル(公募)
  • 下垂体中葉にVEGF-A122を過剰発現させたツメガエルにおけるMSH細胞機能の分子形態学的解析
    中倉敬; 鈴木雅一; 田中滋康
    第33回日本比較内分泌学会 2008年12月 ポスター発表
  • 下垂体中葉特異的VEGF-A過剰発現Transgenic Xenopusを用いた中葉細胞の観察
    中倉敬; 鈴木雅一; Eric JR Jansen; Gerard JM Martens; 田中滋康
    日本動物学会第79回大会 2008年09月 口頭発表(一般)
  • 視床下部‐下垂体血管系形成に対するVEGF-Aの役割の解析
    中倉敬; 鈴木雅一; Eric JR Jansen; Gerard JM Martens; 田中滋康
    第35回日本神経内分泌学会第23回日本下垂体研究会合同学術集会 2008年08月 口頭発表(一般)
  • ラット下垂体形成過程におけるpreadipocyte factor-1 (pref-1) の発現解析
    中倉敬; 佐藤美紗; 秦野修; 竹森洋; 谷口幸雄; 鈴木雅一; 田中滋康
    日本動物学会第78回大会 2007年09月 口頭発表(一般)
  • 視床下部‐下垂体血管系形成に関与する因子の探索と解析
    中倉敬; 鈴木雅一; 田中滋康
    神経内分泌学会第34回学術集会 若手シンポジウム 2007年08月 口頭発表(招待・特別)
  • シグナルシークエンストラップ法による下垂体形成因子とホルモン産生細胞増殖因子の探索
    中倉敬; 曽田あずさ; 鈴木雅一; 田中滋康
    日本下垂体研究会第22回学術集会 2007年08月 口頭発表(一般)
  • ラット下垂体形成初期に発現する分泌性タンパク質と膜タンパク質の網羅的探索
    中倉敬; 鈴木雅一; 田中滋康
    第31回日本比較内分泌学会 2006年11月
  • ラット胎仔下垂体形成初期に発現する分泌性タンパク質と膜タンパク質の網羅的解析
    中倉敬; 鈴木雅一; 田中滋康
    日本動物学会第77回大会 2006年09月
  • ラット視床下部‐下垂体血管系形成に関与する分泌性タンパク質の探索
    中倉敬; 鈴木雅一; 田中滋康
    日本下垂体研究会第21回学術集会 2006年08月 ポスター発表
  • 視床下部‐下垂体系の血管形成過程における下垂体での血管内皮増殖因子 (VEGF) の発現
    中倉敬; 道羅英夫; 鈴木雅一; 田中滋康
    日本動物学会第76回大会 2005年10月 ポスター発表
  • ラット下垂体中葉へのドーパミン神経侵入における脳由来神経栄養因子 (BDNF) の関与
    中倉敬; 鈴木雅一; 渡辺勇一; 田中滋康
    日本動物学会第75回大会 2004年09月 ポスター発表

MISC

受賞

  • 2020年09月 帝京大学 2019年度 Best Teacher Award
     
    受賞者: 中倉敬
  • 2009年03月 静岡大学 創造科学技術大学院長賞
     
    受賞者: 中倉敬
  • 2008年12月 日本比較内分泌学会 若手研究者最優秀発表賞
     
    受賞者: 中倉敬
  • 2007年05月 日本学生支援機構 特に優れた業績による返還免除
     
    受賞者: 中倉敬
  • 2006年08月 日本下垂体研究会 最優秀発表賞
     
    受賞者: 中倉敬
  • 2006年02月 静岡大学理工学研究科生物地球環境科学専攻(生物学系) 学科長賞
     
    受賞者: 中倉敬

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 毛細血管の有窓性を調節する内皮細胞由来分泌性因子の同定とその制御機序の解明
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2022年04月 -2025年03月 
    代表者 : 中倉 敬
  • 毛細血管の物質透過を制御 する“窓”形成の分子機序
    帝京大学:先端総研インキュベーション助成金
    研究期間 : 2019年04月 -2023年03月 
    代表者 : 中倉敬
  • 下垂体毛細血管の孔構築を調節する基底膜由来因子の同定とその分子機序の解明
    公益財団法人 小柳財団:研究助成金
    研究期間 : 2021年04月 -2022年03月
  • 毛細血管の有窓形成を調節する細胞外マトリクス分子の同定と制御メカニズムの解明
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 : 2019年04月 -2022年03月 
    代表者 : 中倉敬
  • 有窓型毛細血管の孔形成を調節する細胞外マトリクス分子の同定と作用機序の解明
    公益財団法人 武田科学振興財団:医学系研究助成(基礎)
    研究期間 : 2019年11月 -2021年03月 
    代表者 : 中倉敬
  • 毛細血管の有窓構造を形作る分泌性因子の探索とその構築機序の解明
    公益財団法人 ホクト生物科学振興財団:研究奨励金
    研究期間 : 2019年12月 
    代表者 : 中倉敬
  • チューブリンアセチル化修飾による微小管機能の制御と内分泌調節機構の解明
    文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
    研究期間 : 2016年04月 -2019年03月 
    代表者 : 中倉敬
  • ホルモン分泌調節におけるチューブリンアセチル化の役割
    帝京大学:研究奨励助成金
    研究期間 : 2015年04月 -2016年03月 
    代表者 : 中倉敬
  • 細胞外pH感知性受容体による糖代謝調節ホルモンの分泌制御機構
    公益財団法人 武田科学振興財団:医学系研究奨励
    研究期間 : 2013年09月 -2016年03月 
    代表者 : 中倉敬
  • 下垂体形成におけるαTAT1の発現とその役割
    帝京大学:研究奨励助成金
    研究期間 : 2014年04月 -2015年03月 
    代表者 : 中倉敬
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 : 2012年04月 -2015年03月 
    代表者 : 萩原治夫
  • プロトン感知性受容体を介した糖代謝調節メカニズムの解明
    群馬大学 生体調節研究所:内分泌・代謝学共同研究拠点共同研究
    研究期間 : 2012年04月 -2013年03月 
    代表者 : 中倉敬
  • 文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
    研究期間 : 2011年04月 -2013年03月 
    代表者 : 中倉敬
  • プロトン感知性受容体の内分泌細胞における発現と機能 -受容体欠損マウスを用いた解析-
    日本科学協会:笹川科学研究助成
    研究期間 : 2010年04月 -2011年03月 
    代表者 : 中倉敬
  • 視床下部-下垂体血管系の形成メカニズムの解明
    文部科学省:特別研究員奨励費
    研究期間 : 2007年04月 -2009年03月 
    代表者 : 中倉敬

委員歴

  • 2021年11月 - 現在   ペプチド・ホルモン研究会   世話人
  • 2019年10月 - 現在   日本神経内分泌学会   評議員
  • 2015年09月 - 現在   日本下垂体研究会   評議員

担当経験のある科目

  • 解剖生理学東京福祉大学
  • 解剖学帝京高等看護学院
  • 解剖学帝京大学
  • 組織学実習帝京大学
  • 解剖学実習帝京大学
  • 医学序論 (PBLチュートリアル)帝京大学

社会貢献活動

  • JST次世代人材育成事業「中高生の科学研究実践活動推進プログラム・学校活動型」
    期間 : 2015年 - 2017年
    種別 : 研究指導
    主催者・発行元 : 岐阜県立岐阜高等学校
  • JSTサイエンス・パートナーシップ・プログラム
    期間 : 2003年 - 2006年
    種別 : 研究指導
    主催者・発行元 : 静岡大学理学部生物科学科
  • 国立青少年教育振興機構 子どもゆめ基金 静岡大学サイエンス実験講座「生物の世界へ」超ミクロの世界:からだの中の細胞と分子を顕微鏡でとらえる
    期間 : 2002年 - 2006年
    種別 : 研究指導
    主催者・発行元 : 静岡大学理学部生物科学科

学術貢献活動

  • 第13回ペプチド・ホルモン研究会
    期間 : 2022年11月12日
    種別 : 学会・研究会等
    主催者・責任者 : 中倉敬
  • 日本動物学会第93回早稲田大会 第6回ペプチド・ホルモン研究会シンポジウム 内分泌研究の新たな挑戦—ペプチドシグナルから探る生き物の不思議—
    期間 : 2022年09月09日
    種別 : 大会・シンポジウム等
  • 第1回帝京大学若手内分泌セミナー
    期間 : 2015年04月25日 - 2015年04月25日
    種別 : 学会・研究会等
    主催者・責任者 : 中倉敬
    帝京大学 板橋キャンパス
  • 日本神経内分泌学会 第38回学術集会
    期間 : 2011年11月25日 - 2011年11月26日
    種別 : 学会・研究会等
  • 第35回日本比較内分泌学会静岡大会
    期間 : 2010年11月18日 - 2010年11月20日
    種別 : 学会・研究会等
  • 第52回日本脂質生化学会
    期間 : 2010年06月14日 - 2010年06月15日
    種別 : 学会・研究会等
  • 日本動物学会 第80回大会
    期間 : 2009年09月17日 - 2009年09月20日
    種別 : 学会・研究会等
  • 第15回肝細胞研究会
    期間 : 2008年06月27日 - 2008年06月28日
    種別 : 学会・研究会等
  • 日本下垂体研究会 第21回学術集会
    期間 : 2006年08月02日 - 2006年08月04日
  • 日本動物学会 2004年度 中部支部大会・シンポジウム
    期間 : 2004年07月23日 - 2004年07月24日
    種別 : 学会・研究会等

その他

  • 2018年07月 - 9999年  死体解剖資格


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.